沖縄の三線初心者の為のサイト

三線の練習方法 三線初心者向けの三線講座

運営会社情報

三線の練習方法も自分なりの工夫をしよう!

 

 

三線をはじめて手にしたらわからないことばかり。チンダミ(チューニング)の仕方、カラクイの回し方、三線の持ち方、撥の弾き方、当て方、エエ四の効率的な覚え方、指の運び方・・・・。三線をはじめたらわからないことばかりだと思います。わからないことがわかる方はまだいいのですが、何がわからないかがわからない。そんな人も少なくないと思います。

 

私が三線をはじめた7年前は、三線を教える三線講座の動画がYouTubeには殆どアップされていませんでした。それでも私は数少ないYouTubeをヒントに参考に練習しました。今なら、三線の先生方も教える動画をアップしているので、他の三線動画も注視して見るとかなりのヒントになると思います。

エエ四の覚え方

三線の練習をするときに楽譜を早く覚えたいものですよね?私の感覚は楽譜は頭で覚えるのではなく、手が勝手に覚えるという感覚で手に記憶させる意識でやっています。だから、俺の手は何回、何百回、この曲を弾いたら覚えるのだ?って、気持ちで手が覚えるまで続けます。ある程度、手が覚えたら、楽譜を見ないで、どこで間違うのか、よく間違うところだけ繰り返し、繰り返し練習しています。

 

行動パターンを脳が記憶するイメージです。それに加えて、三線の練習の時に何か楽しいことが加わるとより三線が早く上達すると思います。例えば、褒められたり、誰かが喜んでくれたり、一緒に練習する仲間がいたりと、練習に+楽しいを加えるという練習も意識しましょう。

 

音楽は右脳を鍛えてくれます。個性、感性、感情を引き出してくれます。折角の三線の練習、誰も居なくても、誰も見ていなくても笑顔になって練習していますか?笑顔、表情は、心を写す鏡です。常に笑顔で練習しましょう。実は、三線を弾きながら笑顔を作ることも緊張していると難しいことなのです。日頃から、意識していないと出来ないことなのです。脳を緊張させたり、リラックスさせたり、三線の練習は脳だけじゃなく、心も豊かになる。そんなイメージで練習を楽しみましょう!!!

問い合わせ

名前 :
メール :
URL :
内容 :

ホーム RSS購読 サイトマップ