沖縄の三線初心者の為のサイト

パーツの名称

運営会社情報

パーツの名称

沖縄の三線初心者ツムツム

三線[サンシン]は沖縄音楽には欠かせない楽器。
琉球王朝時代、中国から伝わった楽器を、当時の琉球人は体型にあわせて棹の長さなどを調整していきます。
そうすることで音もカタチも沖縄独特の楽器・三線[サンシン]になりました。
最近では、その音色には「癒し効果」があるとも言われ、全国から注目されています。

 

ところで同じサンシンでも表記は様々。
「三線」「三味線」「しゃみせん」「サンシン」どれが正しいのでしょうか?

 

沖縄民謡の歌詞からは「三線」「三味線」どちらの言葉も見つけることができます。

 

※ちなみに「蛇皮線」(じゃびせん)という呼び方はあくまでも邦楽の三味線と区別するために沖縄県外からの視点で「蛇皮を使った三味線」ということで作られた言葉。正式名称ではありません。

 

 

つまり「三線」「三味線」どちらも間違いではありませんが 現在は「三線」と書いて[サンシン]と読む が主流です。

 

これなら邦楽の三味線と混同することなく安心して使えます。
琉球古典音楽 野村流の玉城政文先生の御指導もありますのでこのサイトでは「三線」で統一させていただきます。

 

ウロコが大きいものほど上等といわれています。
本皮は使っているうちに破れることがあります。
破れたら三線店で皮を張り替えます。三線は一生モノとして大切にしていきたいですね。
人工皮は丈夫で安価。いい音がでるかどうかは三線の作り手の腕の見せ所です。


問い合わせ

名前 :
メール :
URL :
内容 :

ホーム RSS購読 サイトマップ