沖縄の三線初心者の為のサイト

三線はそもそも簡単に弾けるのか?

運営会社情報

三線はそもそも簡単に弾けるのか?

沖縄,三線,初心者,大人気,三味線,セット,口コミ,評判,通販沖縄三線初心者

なんらかの弦楽器を弾いていた人(ギターなど)
楽器未経験者ではじめて弾こうとする人
1.の人はあえて断言しますが、最近のポップソングで、自己満足程度の音を自己流の弾き方で良いならすぐに弾けると思います。特にギター経験者は極めてすんなりと自己流、ギター風に弾くことができるはずです。島唄や涙そうそうなどの曲はフレーズを覚える時間は必要なものの、楽譜を見ながら10分ほどで一曲弾けるようになりました。ギターのように和音が基本的になく、単音での演奏なので簡単です。

 

 

auのCMでヒットしている俳優の桐谷健太さんが歌う"海の声"は難易度でいくと極簡単な部類に入ります。楽器未経験者でも少し練習すれば1~2週間で弾ける程度です。ギター経験者なら10分程度の練習で大丈夫。
ですが、三線一本で弾き語りが成り立つアレンジではない(主にピアノとギターのコードが支えてます)ので、三線一本で全曲歌うならアレンジが必要でしょう。そのまま弾くと音がスカスカになります。

 

話が逸れましたが、三線はフレットがないものの、左右のポジション移動がほとんどなく、指が覚えてしまえばすんなりと押さえれてしまいます。

 

書き方が難しいのですが、簡単に弾けるか?と問われればYESなんです。ただ、本当の三線の弾き方で簡単に弾けるかと問われればNOです。
そこは他の楽器と同じく、実に奥が深い。我流で弾けると本当に弾けるとは全然違います。ましてや、三線の教師や師範レベルの音を奏でるのは当然ですが相当大変です。フレーズは至極簡単なのに不思議なものです。簡単だからこそ難しい。弾けば弾くほど奥の深さを実感しますが、三線はそもそも唄三線と言われるように、唄がメインで三線はあくまで伴奏楽器。唄に情感をもたせつつ、三線も情感を持った音を弾くとなると相当至難の技です。一朝一夕ではできません。また、琉球古典音楽や沖縄民謡は難易度が高いものも多く、早々簡単には弾き熟せません。


問い合わせ

名前 :
メール :
URL :
内容 :

ホーム RSS購読 サイトマップ